5.1. [replica] セクション

レプリカ数や温度の幅, モンテカルロステップ数など,レプリカ交換モンテカルロ部分のパラメータを指定します. 以下のようなファイルフォーマットをしています.

[replica]
nreplicas = 3
nprocs_per_replica = 1
kTstart = 500.0
kTend = 1500.0
nsteps = 5
RXtrial_frequency = 2
sample_frequency = 1
print_frequency = 1

5.1.1. 入力形式

keyword = value の形式でキーワードとその値を指定します. また, #をつけることでコメントを入力することができます(それ以降の文字は無視されます).

5.1.2. キーワード

  • 温度に関する指定

    • kTstart

      形式 : float型 (>0)

      説明 : レプリカの温度の下限.

    • kTend

      形式 : float型 (>0)

      説明 : レプリカの温度の上限.

  • レプリカに関する指定

    • nprocs_per_replica

      形式 : int型 (自然数)

      説明 : レプリカに対するプロセス数を指定します. デフォルト値 = 1.

    • nreplicas

      形式 : int型 (自然数)

      説明 : レプリカ数を指定します.

  • その他

    • nsteps

      形式 : int型 (自然数)

      説明 : モンテカルロステップ数を指定します.

    • RXtrial_frequency

      形式 : int型 (自然数)

      説明 : レプリカ交換を何モンテカルロステップごとに行うかを指定します. 例えば、1に設定した場合にはモンテカルロ更新を行う度にレプリカ交換が行われ、2に設定した場合には2モンテカルロステップ毎にレプリカ交換が行われます. デフォルト値 = 1

    • sample_frequency

      形式 : int型 (自然数)

      説明 : 物理量測定を何モンテカルロステップごとに行うかを指定します. デフォルト値 = 1

    • print_frequency

      形式 : int型 (自然数)

      説明 : 測定した物理量を何モンテカルロステップごとに保存するかを指定します. デフォルト値 = 1

    • reload

      形式 : bool型 ("true" or "false")

      説明 : 前回終了したの最後のステップから計算をやりなおすかどうかを指定します. デフォルト値 = false