5.2. [solver] セクション

ソルバーの種類 (VASP, QE, ...)、ソルバーへのパス、不変な入力ファイルのあるディレクトリなど(第一原理計算)ソルバーのパラメータを指定します. 以下のようなファイルフォーマットをしています.

[solver]
type = 'vasp'
path = './vasp'
base_input_dir = './baseinput'
perturb = 0.1
run_scheme = 'mpi_spawn_ready'

5.2.1. 入力形式

keyword = value の形式でキーワードとその値を指定します. また, #をつけることでコメントを入力することができます(それ以降の文字は無視されます).

5.2.2. キーワード

  • type

    形式 : str型

    説明 : ソルバーの種類(OpenMX, QE, VASP )を指定します.

  • path

    形式 : str型

    説明 : ソルバーへのパスを指定します.

  • base_input_dir

    形式 : str型 or str型のリスト

    説明 : ベースとなる入力ファイルへのパスを指定します. 複数指定した場合、1回のモンテカルロステップ中に、順番に実行します。

  • run_scheme

    形式 : str型

    説明 : ソルバーを起動する方法を指定します. 詳細は solver_specific_notes を参照してください。

  • perturb

    形式 : float型

    説明 : 対称性が良い構造を入力にしてしまうと、構造最適化が鞍点で止まってしまいがちである。これを避けるため、各原子をこのパラメータに比例するようにランダムに変位させたものを初期構造とする。0.0あるいはfalseに設定することも可能. デフォルト値 = 0.0.

  • parallel_level (QuantumESPRESSO のみ)

    形式 : 辞書型

    説明 : Parallelization levels について、各level の並列数を指定します。 長い形式のコマンドラインオプションから - を抜いたもの、すなわち、 nimage, npools, nband, ntg, ndiag をキーとして、各level の分割数を値とする辞書として指定します。 指定した要素のみ、実際のコマンドラインオプションとして pw.x に渡されます。