3.1. tenes_simple の使用方法

tenes_simple は定義済みの模型、格子に対する tenes_std の入力ファイルを生成するツールです。

$ tenes_simple simple.toml
  • 引数としてファイルを取ります

  • tenes_std の入力ファイルを出力します

  • コマンドラインオプションは以下の通りです
    • --help
      • ヘルプメッセージの表示
    • --version
      • バージョン番号の表示
    • --output=filename
      • 出力するファイルの名前 filename を指定します
      • デフォルトは std.toml
      • 入力ファイル名と同じファイル名にすることはできません
    • --coordinatefile=coordfile
      • サイトの座標情報を出力するファイル名 coordfile を指定します
      • デフォルトは coordinates.dat
      • 座標ファイルは1列目にサイト番号を、 2, 3列目に x, y 座標(デカルト座標系)を含みます

現在定義されている模型・格子は次の通り。

  • 模型
    • スピン系
  • 格子
    • 正方格子
    • 三角格子
    • 蜂の巣格子
    • かごめ格子

模型・格子や入力ファイルの詳細は tenes_simple の入力ファイル を参照してください。 以下、正方格子上で定義されたスピン1/2のハイゼンベルグ模型の入力ファイル例です。

[lattice]
type = "square lattice" # type of lattice
L = 2                   # size of unitcell
W = 2                   # size of unitcell
virtual_dim = 3         # bond dimension
initial = "antiferro"   # initial state

[model]
type = "spin" # type of model
J = 1.0       # Heisenberg interaction

[parameter]
[parameter.general]
is_real = true # use real tensor

[parameter.simple_update]
num_step = 1000  # number of steps
tau = 0.01       # imaginary time step

[parameter.full_update]
num_step = 0    # number of steps
tau = 0.01      # imaginary time step

[parameter.ctm]
dimension = 9       # bond dimension