5.1. TeNeS の入力ファイルの簡易まとめ

TeNeS の入力ファイルは TOML 形式 で書かれており、 入力ファイルはいくつかのセクションに分かれています。 tenes_simpletenes_std は自分が必要とするセクションの情報を入力として読み取り、 それぞれ tenes_stdtenes の入力ファイルを生成します。 tenes は入力ファイルの各セクションに書かれた情報を元に実際の計算を行います。

例えば tenes_simplemodellattice の情報から tensor, observable, hamiltonian の情報を生成し、 さらに parameter, correlation はそのままコピーして、 tenes_std の入力ファイルとして出力します。

次表は各セクションの簡単な説明および各ツールがどう扱うかを示しています。

セクション名 説明 tenes_simple tenes_std tenes
parameter 計算パラメータ copy in / copy in
model 模型パラメータ in    
lattice 格子パラメータ in    
tensor テンソル out in / copy in
observable 測定する演算子 out copy in
correlation 相関関数 copy copy in
hamiltonian ハミルトニアン out in  
evolution 虚時間発展演算子   out in
  • “in”
    • ツールはこのセクションの情報を利用します
  • “out”
    • ツールはこのセクションを新たに生成し、出力します
  • “copy”
    • ツールはこのセクションを変更せずにそのまま出力します